ご挨拶

 当社は大正6年(1917年)、弱冠29歳の石田貞二とその信念をひとつにする若者たちにより神戸の地に設立した「太洋海運株式会社」を源流とします。その会社設立の志は、当時の外航貨物輸送が事実上欧米列強諸国に牛耳られていた状況を変えようとするもので、第一次世界大戦さなかにあって「目下の大戦景気に浮かれることなく、戦争終結前に日本人による日本貨物の輸送を確立しておかねば千歳の悔いを残す。日本貨物は日本船によって日本人の手で輸送し、さらには三国間輸送にも進出し、やがて五太洋に社旗を翻さん。」として設立されました。
 第二次世界大戦によって保有する船舶は壊滅的な被害を受けたものの残った2隻の所有船をもとに再建を果たし、昭和39年(1964年)には政府主導の海運集約により川崎汽船グループに参加し今日に至っております。
 当社は百年を超える歴史と伝統のもと、神戸を本社としてフィリピン、ドイツ、イギリスに海外拠点を有し、高い技術と信頼で安全運航と環境保全を実現する、高品質な船舶管理を提供します。そのためには特に船員教育に力を入れており、川崎汽船と連携してマニラに設立したケイライン・マリタイム・アカデミーやブルガリア海事大学校での船員教育訓練に協賛するなど、高度に教育された優秀な船員を確保し育成しています。
 当社はこれからも時代を見据えた安全で環境に配慮した高品質な輸送サービスを提供できるよう最善を尽くしてまいります。

太洋日本汽船株式会社
代表取締役社長 有坂 俊一

会社情報

社 名 太洋日本汽船株式会社(たいようにほんきせんかぶしきかいしゃ)
創 立 1917年(大正6年)7月14日
資本金 4億円
売上高 314億円 *2017年3月31日現在
総資産 160億円 *2017年3月31日現在
代表取締役社長 有坂 俊一
従業員数 112名(陸上従業員27名、海上従業員85名)*2017年3月現在
事業内容 船舶管理業、船舶貸渡業
運航管理隻数 120隻 *2017年3月末現在、太洋日本汽船グループでの総数
事業所

本社
〒650-0024
神戸市中央区海岸通2丁目2番3号(東和ビル)
電話(078)334-9700 FAX(078)334-9719

幕張支店
〒261-7111
千葉市美浜区中瀬2丁目6番1(ワールドビジネスガーデン)
電話(043)297ー0681 FAX(043)297-2690

東京支店
〒100-0011
東京都千代田区内幸町2丁目1番1号(飯野ビルディング)
電話(03)3595ー6361 FAX(03)3595-6359

株 主 川崎汽船株式会社
所属団体 日本船主協会
外航オーナーズ協会
関係会社 STARGATE SHIPMANAGEMENT GmbH
map map2 利用交通機関 :「JR元町駅」西出口から南へ徒歩約10分

役員構成

役職 氏名 担当業務
代表取締役社長 有坂 俊一  
専務取締役 岡村 俊美 社長補佐
常務取締役 徳田 清司 自動車船グループ、撤積船グループ、造船・管理グループ管掌、
安全環境管理グループ、船員グループ、東京支店、幕張支店担当、
海外現法統括、船舶安全管理責任者委嘱
常務取締役 青木 良行 総務グループ、情報システムグループ、経理グループ管掌
取締役 瀧源 創八 幕張支店長、幕張支店 総務グループ長及び海務グループ長委嘱
取締役 髙橋 正 TNKC-ROHQマニラ管掌、撤積船グループ、造船・管理グループ担当、
造船・管理グループ長委嘱
取締役 姫田 孝二 総務グループ、情報システムグループ、経理グループ担当、
情報システムグループ長、コンプライアンス推進室室長委嘱
取締役 村田 朋之 欧州管掌、自動車船グループ担当
取締役 門野 英二 (非常勤)
監査役 市江 明彦 (非常勤)

組織情報

  総務グループ   コンプライアンス推進室
      総務チーム
  情報システムグループ   情報システムチーム
  経理グループ   経理チーム
  船員グループ   船員チーム
  撤積船グループ   撤積船チーム
  自動車船グループ   自動車船第一チーム
      自動車船第二チーム
  造船・管理グループ   入渠・建造監督室
    購買チーム
  安全環境管理グループ   安全環境管理チーム
  幕張支店  
  東京支店  
  TAIYO NIPPON KISEN CO.,LTD. - ROHQ(マニラ支店)  
  Stargate Shipmanagement GmbH    
  TNKC(UK) LTD.    

沿 革

1917年(大正 6年)   神戸市内に資本金200万円で設立、北米航路に従事
1945年(昭和20年)   太平洋戦争の終結、所有船舶の90%を失い残存船腹は2隻のみ
1948年(昭和23年)   戦後新造船第1船”大永丸”建造
1964年(昭和39年)   海運企業再建整備法に基づき川崎汽船グループに属する
2000年(平成12年)   神戸日本汽船と合併。商号を太洋日本汽船とし、資本金27億円となる
2003年(平成15年)
  資本金を4億円に減資
2017年(平成29年)
  株式会社エスコバルジャパンと合併